わきが対策・治療ならまずは食事を改善していこう!

脂っこい食べ物はNGな女性

 

わきが対策・治療には食事の改善はとても重要なものになってきます。

 

食事によってわきがが悪化することもあれば、症状を軽くすることもできます。

 

食事によってわきがの症状は変化します。毎日の食生活を見直していく事でわきがの臭いは改善されていきます。

 

わきが対策グッズ人気商品6つを口コミ評価で比較ランキング!

 

わきがに悪影響な食生活

わきがに悪影響な食生活を紹介していきます。よく油っこい物や肉類を食べると体臭がきつくなるという話を聞いたことはありませんか?

 

わきがの体質の人は食べた物がそのまま排出されてしまう傾向があります。例えば、臭いの強いカレーを食べればカレーの臭いがするし、臭いの強いキムチを食べればキムチの臭いがします。

 

油っぽいものを食べれば油っぽい臭いがします。そうなると、わきが体質の場合は匂いの強い食事を控えた方がいいということになります。

 

わきがの臭いが悪化する食事の一つとして代表的なのが肉類です。

 

肉の脂質がわきがの臭いを悪化させます。動物性脂質を食事から摂取すると脇汗かわ脂質を排出して脇はベタベタするしわきがの臭いは強烈に放たれます。

 

また、質の悪い油というのもわきがの臭いを強くします。化学油や酸化した油などは身体が拒絶を起こす為に脇汗として排出されやすくなります。

 

食事の際に良い油を使うことも大切になります。

 

辛い食事や酸っぱい食事、刺激が強い食事というのは臭いも強くなることが多いです。

 

刺激の強い食事を控えていく事がわきがを治すことにつながっていきます。

 

食事はバランスよく

わきがに良いとされる刺激臭の少ない食事は和食中心のものです。

 

納豆や漬け物などは臭い印象がありますが、身体の中に入れても臭いは出ません。肉類ではなくて魚や野菜中心の食事がわきがには良いです。

 

食事は食べ過ぎることで消化しきれなくなり老廃物が脇汗から排出されるようになってしまうので腹八分目くらいの食べ過ぎない食事を心がけましょう。

 

人間の身体は内蔵が疲れるとわきがを発生させます。なので内蔵を休めるためにも夜遅くの食事は控えましょう。

 

午前中は老廃物が出やすい時間帯になっているので朝の食事は野菜ジューズやヨーグルト、トーストなどの軽めの食事を心がけましょう。

 

人間の身体は午前中に老廃物を活発に排出しています。本来ならば、排出している真っ最中に何か食べ物を摂取しない方が良いのですが、そうもいかないので軽めのものにします。結論は、食事はバランスよくとっていくということです。

わきがを治す食事

バランスよく食事の中に取り入れていくことでわきがの臭いを抑えることができる食材があります。

 

わきがの人は肉類を多く食べて、野菜があまり好きではないということが多いようです。この習慣はわきがの臭いを悪化させるものです。

 

わきがを治す助けになってくれる食べ物のをいくつか紹介します。

  • 豆腐や納豆などの豆類
  • 緑黄色野菜
  • 梅干し
  • ショウガ
  • みそ
  • りんご

これらの食材をバランスよく食事に取り入れてみましょう。

 

わきがを治すことができるかもしれません。

 

酢がわきがの臭いを抑える

わきがを治す食材の中に「酢」がありますが、食材として食べる方法とお風呂に入れる方法があります。

 

酢はわきがを治す効果がとても高いそうです。お風呂での使い方は湯船にコップ1杯の酢を入れるだけです。

 

酢には雑菌を抑える効果があります。酢がアポクリン汗腺に吸収されることでわきがの臭いを治すことが期待できます。

 

わきがを治すためには食事以外の改善も必要

わきがを治していくためには食事以外にも改善していったほうが良いことがいくつかあります。

 

ほとんどのことが日常生活に関わることです。ストレスや疲労などはアポクリン腺を刺激するのでわきがの臭いを悪化させる傾向があります。

 

ホルモンバランスが崩れたり、体調不良のときもわきがに臭いが強くなることがあります。

 

食事だけではなく、バランスのライフスタイルを過ごしていく事がわきがを治すことにつながります。