塩化アルミニウムがワキガに効果が期待できる理由とは?

塩化アルミニウムの分子

多汗症やワキガなど汗によるトラブルを抱えている人であれば塩化アルミニウムという言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

塩化アルミニウムは市販の制汗剤にも含まれているアルミニウムの一種です。昔から多汗症の治療薬として使用されており、もちろんクリニックで処方してもらうこともできます。

 

また、塩化アルミニウムは薬局に行くと液体状で販売されている場合もあります。これらを使用して独自で多汗症の治療を行っている方もおられるようです。今回は多汗症に効果のある塩化アルミニウムについて解説したいと思います。

 

わきが対策グッズ人気商品6つを口コミ評価で比較ランキング!

 

塩化アルミニウムによる収れん作用がワキガ対策に効果大!

塩化アルミニウムは皮膚に塗布すると毛穴がとじます。これを収れん作用といいます。

 

多汗症の治療を行う場合はこの収れん作用を利用します。市販されている塩化アルミニウムを精製水で10%ほどに薄めて脇や手にカーゼで押し付けて浸透させます。

 

寝る前に塗布し朝起きたらまた洗い流します。塩化アルミニウムは長期間塗布し続けることが重要ですが、毎日塗布する必要はありません。2日から3日の間に1回塗布することで十分な制汗作用を発揮してくれます。

 

ワキガ対策に塩化アルミニウムを使う際の注意について

塩化アルミニウムは優れた制汗作用があるのですが、副作用等があるため素人が気軽に扱うには少しレベルが高い薬品です。

 

副作用として痒みやかぶれ、炎症、痛みなどがあります。

 

使用した人の7割ほどが軽い痒みを感じるとの報告がなされているので事前のパッチテストは必須といえるでしょう。

 

また授乳中の人や他に薬を服用している人なども使用は控えて下さい。

 

塩化アルミニウムはネットなどでも濃度の高いものが購入できるのですが、一つ間違うと副作用で皮膚炎などになってしまう可能性があります。まず、医師からちゃんとアドバイスをもらったうえで使用するようにしましょう。

 

アルミニウムについては認知症の原因になるとも言われており、その真偽はまだ定かではありません。しかしながら多少でも心配のある人は塩化アルミニウムは避け、ミョウバンを使用するようにしましょう。そのかわりミョウバンは塩化アルミニウムよりも効果は劣ってしまいます。

 

塩化アルミニウムで大変強い制汗さようがあり、市販でも購入できるところもありますが素人が生半可な知識で扱うには非常に敷居の高いものといえそうです。使用の前にはまず皮膚科の先生に相談するようにしましょう。